SBIネオモバイル証券の口座開設方法を画像付きで徹底解説①

こんにちは、在宅ワーママのほっぺです!

これから日本株の投資を始めようと思い、1株から投資ができる「ネオモバイル証券」の口座を開設しました。

でも証券口座の開設って、何だか敷居が高い…

めっちゃ難しそう…

私もそう思っていましたが、やってみたら全然!

めっちゃ簡単でした!

今回は

  • ネオモバの口座開設をしたいけど、やり方が分からない人
  • 口座開設に必要なものをあらかじめ知っておきたい人
  • 口座開設ができるまでの日数や時間を知りたい人

などなど、私自身が開設前に知りたかったことを画像付きで徹底解説しました!

ほっぺ
これから口座開設をしようとしている方のお役に立てますように!
目次

口座開設に必要なもの、書類などは何?

ネオモバイル証券の口座を開設する前に、まずは必要なものや書類を準備しておきましょう。

口座開設に必要なものは、次の4点です。

  1. マイナンバーカード、通知カードなどの本人確認書類
  2. 金融機関口座の確認ができる通帳やキャッシュカード
  3. サービス利用料の支払いに利用するクレジットカード
  4. Yahoo!JAPAN IDとTカード番号(Tポイントを利用する人のみ)

③と④は、書類の審査が通り実際に取引を開始する時までに準備しておけばOKです。

ほっぺ
最初の①、②について説明していきますね

①マイナンバー、通知カードなどの本人確認書類

本人確認書類はマイナンバーカードを持っているかいないかで、必要な書類が変わってきます。

【マイナンバーカードを持っている人】

マイナンバーカードを持っていれば、本人確認書類はこの1枚だけで大丈夫です。

【通知カード、マイナンバー記載のある住民票を持っている人】

通知カードまたはマイナンバーが記載してある住民票を持っている人は、別で本人確認書類を準備する必要があります。

本人確認書類には、次のようなものが使えます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票(発行後6ヶ月以内)
  • 印鑑登録証明書(発行後6ヶ月以内)
  • 年金手帳(住所記載のある1997年より前のもの)

運転免許証の場合は免許証のみ準備すればよいのですが、免許証以外の書類の場合「健康保険証」と「印鑑登録証明書」などと2つ準備する必要があります。

これらの中から、準備しておきましょう。

引っ越しなどで住所が変わっている方は、カードや本人確認書類の住所が合っているかしっかり確認しておきましょう。合っていなければ先に住所変更の手続きをすませておきましょう。

②金融機関口座の確認ができる通帳やキャッシュカード

ネオモバイル証券で株を購入する場合、クレジットカードは使えません。

株を購入するためのお金の引き出し先として、金融機関の口座が必要となり登録する必要があります。

ゆうちょ銀行や地方銀行などの登録もできますが、ネオモバイル証券自体がおすすめしている銀行は「住信SBIネット銀行」になります。

なぜなら他の銀行の場合、

  • 振込手数料がかかる
  • 入金の反映に1~2時間かかる(銀行営業時間内での話)
  • 14時以降は翌営業日に反映になる場合がある
  • 土日祝は休み明けの営業日9時以降に順次反映される

といったデメリットがたくさんあるからです。

特に振込手数料については毎回かかってくるものなので、塵も積もれば…とトータルで見ると大きなコストがかかってしまいます。

住信SBIネット銀行なら

  • 振込手数料が無料
  • ほぼリアルタイムで即時入金ができる

このように、ネオモバを使っていくうえではメリットしかない銀行だなと思います。

住信SBIネット銀行の口座開設はネットのみで完結できて、しかも最短で翌日には口座を開くことができます。

先に口座開設をすませておくと、手続きもスムーズに進みます。

ただ住信SBIネット銀行を紹介しましたが、私は楽天銀行を使っています。

なぜ楽天銀行なのかと言うと、

  • ある条件をクリアすれば他行振込手数料が一定回数無料に
  • 月に1,2回ぐらいしか入金しない
  • 入金の反映はリアルタイムじゃなくてもいい
  • 元から楽天銀行の口座を持っていたから

という点から、わざわざ新しく住信SBIネット銀行を口座開設する必要がないと判断しました。

ほっぺ

銀行口座って増えると管理が面倒ですしね…

楽天銀行のある条件とは「ハッピープログラム」というものになります。

ハッピープログラムとは、楽天銀行の口座を持っているお客様の優遇プログラムになります。

5つのステージがあり、そのステージに応じてATM利用手数料や他行振込手数料が無料になったり、楽天ポイントの獲得倍率がアップしたりします。

例えば、

  • 楽天銀行に預金残高が10万円以上ある
  • もしくは取引件数が月に5件以上ある

上記の場合「アドバンスト」というステージになり、ネオモバイル証券への振込手数料が月に1回無料になります。

ハッピープログラムについては、「【楽天銀行の手数料が無料!】ハッピープログラムのステージを上げる」の記事で紹介しています。

楽天銀行でなくても、今ご自身が持っている銀行口座でそういった手数料無料のサービスがあるかもしれません。

一度確認してみてくださいね。

今持っている口座で登録できるなら、銀行口座の開設を待つことなくネオモバの口座開設ができます。

銀行や証券口座の開設って、時間がかかるとだんだん面倒に感じてきちゃうんですよね。

しかもネオモバの口座開設が込み合っている時期は、最短の方法で行っても開設まで2週間程度かかるそうで…

私の場合も開設までに10日間かかりました。

ほっぺ

やる気のある内にサクサクっと終わらせるのがオススメです!

銀行口座は後から変更できるので、とりあえず今ある銀行口座を登録しておいた方がスムーズです!

ネオモバイル証券の口座開設方法

必要な書類などが揃ったら、いよいよネオモバイル証券の口座を開設します。

開設はパソコンがなくても大丈夫!

スマホ一台で簡単に開設できます。

口座開設完了までの手順はこちら。

  1. メールアドレスの登録
  2. 氏名や住所などの必要な情報を入力
  3. 初期設定
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 取引パスワードの設定/受取
  6. サービス利用料お支払い方法の設定

今日できるのは④の「本人確認書類のアップロード」までとなります。

書類の審査が通り次第、次の⑤⑥のステップに進めるようになります。

私の場合、④までゆっくりと行って30分ほど時間がかかりました。

時間は少しかかりますが登録は最初だけですし、サクサクっと進めれば早い人であれば20分もかからず登録できると思います。

ほっぺ
一つひとつ画像付きで説明していきますね!

まずはネオモバイル証券の公式サイトにアクセスします。

SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

①メールアドレスの登録

「口座開設はこちら>」をタップします。

メールアドレスを入力して、チェックマークをつけて「確認画面へ」をタップ。

※メアドは架空のものです

「上記の内容で登録する」をタップすると、登録したメールアドレスにネオモバよりメールが届きます。

②氏名や住所などの必要な情報を入力

届いたメールに記載されているURLをタップします。

氏名や生年月日、住所や電話番号などの基本情報を入力します。

次に「源泉徴収区分」の選択を行います。

区分には、

  • ネオモバイルにまかせる
  • 自分で確定申告する

と2つあります。

基本的には「ネオモバにまかせる」を選択します。

「ネオモバにまかせる」を選択すると、特定口座の源泉徴収ありとなります。

この場合ネオモバイルが取引の記録や損益の計算をしてくれるため、原則として確定申告が不要となります。

私は個人事業主で毎年確定申告をしていますが、投資に関しては「特定口座の源泉徴収あり」にして確定申告の作業はしていません。

ほっぺ

省ける作業は省きたいとです!

迷ったら「ネオモバイルにまかせる」を選択して、確定申告の作業を省きましょう。

続いて口座開設の動機や年収、投資経験年数を入力します。

投資経験年数に関しては、経験がない場合は「0年」を選択します。

約款や同意事項についてPDFファイルを開いて閲覧し、5ヶ所にチェックマークを入れて「確認画面へ」をタップします。

登録内容の最終確認画面が出てくるので間違いがないか確認し「この内容で登録する」をタップすると、口座開設の申し込み登録が完了します。

申し込み登録は完了しましたが本人確認書類の審査には時間がかかるので、初期設定と本人確認書類のアップロードまではこの日に行っておきましょう。

ほっぺ

あともう少し!頑張りましょう!

③初期設定

申し込み登録が完了すると、登録したメールアドレスにユーザーネームとパスワードが届きます。

メールの【STEP1】初期設定の「▼さっそく手続きをはじめる▼」のURLをタップしてログインします。

口座開設のお手続き状況の画面が開くので、「初期設定」をタップします。

まずは出金口座の設定をします。

出金口座とは株の売却益や配当金をネオモバの口座から出金させて受け取る「自分の銀行口座」のことになります。

一覧に選びたい銀行口座がない場合は、「その他の金融機関」をタップして銀行口座を選び情報を入力していきます。

次に配当金の受取方法の設定をします。

受取方法については私も悩んだのですが、受け取った配当金を再投資したいか、または直接現金で受け取りたいかで選ぶと判断しやすいです。

  • 再投資したい場合はネオモバの証券口座で受け取る
  • 直接現金で受け取りたい場合は自分の銀行口座で受け取る

ただし直接自分の銀行口座で受け取りたい場合は、楽天証券などの証券口座で受け取り方法を変更することが必要です。

私の場合、当初は再投資したかったのでネオモバの証券口座で受け取る方式を選びました。

SBIネオモバイル証券の口座で受け取る(株式数比例配分方式)にチェックマークがついていることを確認して次に進みます。

ほっぺ

すでに他の証券口座で受取方法を銀行口座での受取にしている場合は、チェックを外しておきましょう!

職業、勤務先名、連絡先、世帯主との続き柄、職業、勤務先名を入れていきます。

インサイダー情報を「該当しない」にして「次へ」をタップします。

インサイダー情報とは、上場会社の株価に影響を与える内部情報のことになります。これらの情報に簡単に接することができる役職員などのことを会社関係者といいます。

最後に登録内容を確認してOKならば登録すれば、初期設定が完了します。

④本人確認書類のアップロード

次が最後です。

本人確認書類をアップロードしていきます。

先ほどの画面の「口座開設のお手続き状況画面に戻る」をタップして「本人確認書類アップロード」を選択します。

撮影する書類のパターンを選択します。

ほっぺ

私は通知カードと運転免許証の方で行いました

取引パスワードの受け取り方は最短で行いたかったので「顔認証or住信SBIネット銀行で認証」を選び、住信SBIネット銀行の口座を持っていないので「顔認証」を選択しました。

「撮影をはじめる」をタップして、案内に従って顔認証を行っていきます。

ほっぺ

案内の最初には分かりやすい動画も準備されているので、不安な方はそちらを見てから行っていきましょう!

全てアップロードし、下記の画面が出てきたら完了です!ここまでかかった時間は30分でした!

ほっぺ

たくさんの入力、お疲れさまでした!

これからネオモバの方で、審査が開始されます。

私の場合はアップロードから10日後に、本人確認書類審査完了のメールが届きました。

この後取引パスワードやサービス利用料お支払い方法の設定を行っていくのですが、そちらに関しては別記事で紹介していきたいと思います。

公式サイト

【SBIネオモバイル証券】

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる