【PayPay・LINEPayも】9社の統一QRコード「JPQR」が8月スタート!

統一QRコードJPQR

2019年8月1日より、スマホ決済における統一QRコード・バーコード「JPQR」がスタートします。

今はPayPayやLINEPay、メルペイなど、同じPayでもいろいろな決済方法が出てきています。

出る度にお店側は導入するのにコストや研修時間などの負担がかかり、私たち利用者側もいろんな方法がありすぎて混乱するばかりになってきています。

ほっぺ

ほっぺ
とてもお得なのにうちの両親に勧めても、いろいろあってよく分からないと拒否反応を起こされます

そんな混乱する事態を回避するため、スマホ決済導入のハードルを下げて対応できるお店をもっと増やすため、一般社団法人キャッシュレス推進協議会というところが統一QRコード「JPQR」を発表しました。

まずは8月1日より岩手県・長野県・和歌山県・福岡県の4県で実証事業を行い、検証していくとのことです。

ほっぺ

ほっぺ
スマホ決済がもっと分かりやすく楽になったら、両親も使えるようになるかもしれません!

その期待を込めて、今日はこの「JPQR」について書いていこうと思います。

※JPQRについてはまだ協議中の部分もあり、情報が古いものや推測でお話している部分もあります。
最新情報は「一般社団法人キャッシュレス推進協議会」のサイトにてご確認ください。




1.JPQRで使えるPay

8月1日スタートの実証事業で使える決済方法は9つです。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Origami Pay
  • d払い(NTTドコモ)
  • au PAY(KDDI)
  • ゆうちょPay(ゆうちょ銀行)
  • J-Coin Pay(みずほ銀行)
  • YOKA!Pay(福岡銀行)

 

今後、実証期間中に増えていくかは今のところ不明です。

実証期間は2019年の8月1日から2020年の1月31日の半年間になります。



2.JPQRの決済方法

JPQRの決済方法としては、

  1. 店舗提示型
  2. 利用者提示型

の2種類があります。

1.店舗提示型

「店舗提示型」とはお店のレジに置いてあるQRコードや、お店側のタブレットに表示されたQRコードを自分のスマホで読み取り決済する方法になります。

店舗提示型

QRコードを読み取った後に、自分で金額を入力する必要があります。

ほっぺ

ほっぺ
私はいっつも金額を間違えないか緊張します...

 

このお店側から提示されるQRコードが、統一QRコード「JPQR」に変わるようです。

読み取る時は、今まで通り自分が使いたいPayPayやLINEPayのアプリを立ち上げて読み込ませると思われます。

そうなると統一コードに変わったとしても、私たち利用者側は操作方法など特に何も変わらないと思われます。

 

2.利用者提示型

「利用者提示型」とは、私たちがスマホ画面にQRコードやバーコードを表示させてお店側に読み取ってもらう決済方法になります。

読み取られるとすぐにお会計が完了します。

利用者提示型
ほっぺ

ほっぺ
金額を入力しなくていいから、私はこっちの方が好きです!

 

バーコード方式については、2019年8月1日午前0時ちょうどにJPQRに切り替えが行われるようです。

QRコード方式についてはまだ検討を行っている段階です。

統一コードに変わったとしても、読み取ってもらうスマホの画面はPayPayなどの決済アプリだのようなので、こちらの場合も利用者側は特に何か変わることはないと思われます。

 

決済方法については、今のところ何か変わる印象はありません。

しかし「お店による決済アプリの使い分けの必要がなくなる」いったメリットがあります。

例えば、ある家電屋さんでは今まではPayPayしか使えませんでした。

それがJPQRに統一されることによって、今まで使えなかったLINE Payやメルペイで支払いをすることができるようになります。

JPQR対応のお店がどんどん増えていけば、どのお店でも好きなアプリで支払うことができるようになります。

ほっぺ

ほっぺ
どのお店でも1つに決めたアプリが使えるようになれば、1つのアプリですむのでうちの両親にとっても使うハードルが下がりそうです!

 

今後また新しい情報が入る度に、お知らせしていきたいと思います。



スポンサーリンク

関連記事

関連記事がありません。