ハンドメイド作品を売りたい!雑貨屋さんやネット販売、どこで売る?

ハンドメイドどこで売る

ここ数年、ハンドメイド作品の販売についての話題がよくメディアで取り上げられています。

私も少し前まではハンドメイド作品を販売していて、わずかですが収入を得ていました。

現在は趣味程度で行っていて、時間ができた時だけ販売を行っています。

でも最初はどこでどんな風に売ったらいいのか、販売するにはどんな事が必要なのか分からない事だらけ。

当時の私はネットで調べまくり、なんとか今の販売方法に落ち着きました。

調べるのに時間がかかりすぎて、なかなか販売するまでのスタートラインに立つことができませんでした。

ほっぺ

ほっぺ
すぐに売りたいのにそれができない!

 

当時はもどかしい気持ちでいっぱいでいっぱいでした。

これから販売を始めたいけれど調べるのに時間をかけたくないという人のために、ハンドメイド作品の販売について書いていきたいと思います。




どこで販売する?

販売する場所はいろいろとありますが、大きく分けると雑貨屋さんやフリマなどの「直接販売」とminneやメルカリなどを利用した「ネット販売」とに分かれます。

 

直接販売


<雑貨屋さんや美容室>

雑貨屋さんや美容室、カフェなどに作品を置いてそこで販売してもらう事ができます。

私の通っている美容室でも、作家さんのヘアアクセサリーを販売しています。

作品が売れた場合、作品の販売単価ごと、もしくは月の販売合計額から手数料をひかれることが多いです。

販売のきっかけは直接作品を持ち込んで交渉したり、お店の方から声をかけられて委託販売することになったりと様々です。

ほっぺ

ほっぺ
地域の雑貨屋さんなどネットで探すといろいろ出てきますよ!

 

<レンタルボックス>

お店の中に設置している棚(ボックス)を借りて、その中で自分の作品を販売できます。

1つのボックスは1ヶ月いくらと月額料金が設定されている事がほとんどです。

上記の雑貨屋さんなどと同様、作品が売れた場合作品の販売単価ごと、もしくは月の販売合計額から手数料をひかれることが多いです。

月額料金+手数料取られるので、販売価格をかなり高く設定しなければほとんど手元に残らないと聞き、私は利用した事がありません。

 

<イベントやフリーマーケット>


地元のイベントやフリーマーケット
でブースを設けて販売する事ができます。

イベントなどにもよりますが、ブース代が高い場合は利益はほぼ出ないそうです。

ですがお客様の反応を直接感じることができたり、心温まる交流ができるのもイベントやフリマならでは。

そしてそこで出会ったお客様がリピーターとなる場合もあります。

利益は出なくても、出店して得るものは多いのではないかなと思い、私もいつか出店してみたいなーという夢があります。

私はイベント出店の経験はありませんが、購入者側としてよくハンドメイドイベントに行っています。

ほっぺ

ほっぺ
作家さんや作品に直接触れ合い、その作家さんのファンになることもあります。

 

そういったイベントに行って、どんな作品がどのように売られているのかなど作家目線で見てみるのもいいと思います。



ネット販売



<販売サイトを利用>

minne(ミンネ)やcreema(クリーマ)、ココナラBASE
というサイトに登録をするとそのサイトで販売することができるようになります。

決められた箇所に作品の写真や説明文を入力していくだけなので、自分で一からサイトを作るよりかはずっと楽なのですが、慣れるまでは写真撮影や説明文を考えて入力する事が結構大変に感じました。

金銭のやり取りは、お客様が販売サイトに金額を支払い販売サイトから手数料を引かれた金額が自分に支払われるため、直接銀行口座を知られることはなく安心して販売することができます。

作品が売れた場合、一つの作品につき販売手数料(販売代金の10%)を取られます。

 

<フリマアプリを利用>

CMなどでもおなじみの、メルカリやラクマなどのフリマアプリを利用して販売することができます。

こちらもお客様と直接金銭のやり取りをする事がないので、安心して販売することができます。

販売サイトと同じく一つひとつの作品ごとに、販売手数料を取られます。

 

 

私はいろいろと調べた結果、いろいろな人に作品を見てもらえる機会が多そうだと感じ「ネット販売」を選びました。

 

実際に販売サイトの他の作家さんのページを見てワクワクしたのと同時に、これならば初心者の私でもできそう!と思った事が決め手となりました。

実際始めてみると、大変だったんですけどね。

今は趣味の延長として販売していますが、販売当初はそれだけで生計を立てるぞ!と仕事としてやっていくことを目指していました。

ほっぺ

ほっぺ
でも現実は甘くなかった...

 

たくさん売れてたくさん利益を出している人もいますが、その裏で作家活動をやめていった人達もたくさんいます。

販売を始めても「売れない、売れても利益がほとんどない」など、思っていたよりも大変だったということもあります。

そんなデメリットについてぜひ始める前に知っておいていただきたいなと思い、「ハンドメイド作品を販売する前に知っておきたいデメリット」を書きました。

ハンドメイド販売デメリット
ハンドメイド作品を販売し始めて4年、販売するって自分が思っていたよりもずっとずっと大変なんだなと感じることがたくさんありました。 その大変...

 


スポンサーリンク


関連記事

在宅ワーママ1日のタイムスケジュール【園児2人の場合】

【楽天銀行じゃないと損!】クラウドワークスの報酬を受け取る銀行口座

データ入力種類

【データ入力の在宅ワーク】仕事内容ってどんなものがある?

ママワークス

【ママワークスで在宅ワーク】忙しい主婦も嬉しいワンクリック応募

ミステリーショッピングリサーチ覆面調査

ミステリーショッピングリサーチで覆面調査を始めて10年目!

幼稚園預かり保育無償化

幼稚園の預かり保育 無償化の条件は?必要書類は?