幼稚園の預かり保育 無償化の条件は?必要書類は?

幼稚園預かり保育無償化

2019年10月から幼児教育・保育無償化が実施されます。

わが家には小学生と私立幼稚園に通う年中の子どもがいます。

幼稚園の場合、満3歳から5歳児(小学校就学前)までの子どもが対象となるので、年中の下の子が無償化の対象となります。

 

私は現在、在宅ワークを行っていて幼稚園の預かり保育(延長保育)を利用しています。

保育無償化に伴い、この預かり保育も無償対象となるそうです。

今回はこの預かり保育が無償化になる条件や必要になる書類などについて、説明していきたいと思います。

ほっぺ

ほっぺ
お住まいの地域や通う幼稚園などによって違いは出てきます!ご自身でもしっかりと調べてみてくださいね!




1.現在の預かり保育について

1.平日の預かり保育

現在子ども達が通っている幼稚園では、通常保育終了後16時までは無料、18時までは1回あたり200円で預かってくれています。

ほっぺ

ほっぺ
良心的なお値段の上に、嬉しいおやつ付きです♪

 

幼稚園によって「料金」や「支払いの制度」は様々で、

  • 1時間100~200円(時間制)
  • 1回あたり200~900円(回数制)
  • 月に5,000~7,000円(月額制)

 

私の調べた範囲では上記のような幼稚園がありました。

中には預かり保育料が無料のところも!

ほっぺ

ほっぺ
でもそこは保育料自体が高い幼稚園だったので預かり保育料も含めてる感じでした!

 

幼稚園によっては、朝早く出勤する保護者のために朝の預かり保育を実施している幼稚園もあります。

ほっぺ

ほっぺ
働きやすい環境が整っているって、本当にありがたい!

 

2.夏休み・冬休み・春休みの預かり保育

私の幼稚園では、基本的に共働きの家庭限定ですが夏休み・冬休み・春休みなどの長期のお休みの際も預かり保育を利用することができます。

1日300円、半日は半額の150円です。

お弁当は必要になりますが、おやつはついています。

ほっぺ

ほっぺ
夏休みは特に長いので、預かってもらえて本当に助かってます

 

こちらも私の調べた範囲では、

  • 1日800~1,500円
  • 1ヶ月2,500~25,000円

と、幼稚園によって料金や支払制度にバラツキがあります。

長期のお休みに関しては、今年の夏休みまでは現状の金額のままです。

冬休みからが無償化の対象となります。



2.保育無償化で預かり保育料はどうなる?

2019年の10月以降は、幼稚園の預かり保育も無償対象となります。

しかしこの預かり保育料の無償化対象となる金額には上限があります。

保育料が月額25,700円までが無償化となるので、例えば幼稚園の保育料が月25,700円となると、預かり保育料金は月額11,300円まで無償となります。

利用日数で限度支給額は決まり、その出し方は

預かり保育の利用日数×日額単位(450円)

という計算になります。

限度支給額より実際の利用額が少なければ利用額はまるっと無償になりますし、多ければその分手出しとなります。

預かり保育料は幼稚園によって設定方法や金額がバラバラなため、計算方法も少しずつ変わってきます。

少し分かりづらいと思いますので、

  1. 【時間制】幼稚園:1時間100円
  2. 【日額制】幼稚園:1日300円
  3. 【月額制】幼稚園:月10,000円

と設定している3つの幼稚園を例にして計算してみたいと思います。

ほっぺ

ほっぺ
今回は月に20日預かり保育を利用したとします!

 

1.(時間制)幼稚園

【預かり保育利用料】
100円/1時間

【利用日数】
20日(1日3時間)

【各月支給限度額】
20日×450円=9,000円

【各月の実際の利用額】
20日×300円(100円/時間×3時間)=6,000円

【支給額】
6,000円

 

2.(日額制)幼稚園

【預かり保育利用料】
300円/1日

【利用日数】
20日

【各月支給限度額】
20日×450円=9,000円

【各月の実際の利用額】
20日×300円=6,000円

【支給額】
6,000円

 

3.(月額制)幼稚園

【預かり保育利用料】
10,000円/月

【利用日数】
20日

【各月支給限度額】
20日×450円=9,000円

【各月の実際の利用額】
10,000円

【支給額】
9,000円
(1,000円は実質負担)

 

 


わが家の場合は②なので、一番金額がかかる夏休みでも月に6,000円。

無償で預かり保育を利用することができそうです。

ただし消費税の増税のため、預かり保育料も値上げされる可能性があります!

ほっぺ

ほっぺ
ここらへんは幼稚園にしっかりと確認してみてくださいね!



3.保育の必要性に該当する条件と必要書類

保育の必要性に該当する
預かり保育が利用できるのは、共働きなどで「保育の必要性がある」と認められた場合のみとなります。

ここで気になってくるのが、幼稚園の預かり保育を利用する際「保育の必要性」に該当するかどうか。

私の住んでいる自治体からは、「保育の必要性の認定条件」と「必要書類」について次のように説明がありました。

  1. 就労(1ヶ月60時間以上)→勤務等証明(申告)書
  2. 妊娠・出産→母子手帳、勤務等証明(申告)書
  3. 疾病・負傷・障害→勤務等証明(申告)書、障がい者手帳など
  4. 同居親族の常時介護・看護→勤務等証明(申告)書、介護される者の診断書など
  5. 災害復旧→勤務等証明(申告)書、罹災証明書、被災証明書
  6. 求職活動→勤務等証明(申告)書
  7. 就学→勤務等証明(申告)書、在学証明書等

 

私の幼稚園の場合、現在は預かり保育を利用したい際は会社名と連絡先を書いた紙を幼稚園に提出するだけでOKでした。

それが今後は勤務等証明(申告)書などの各書類を、提出する事が必要になります。

ほっぺ

ほっぺ
私のような在宅ワーカーの場合は、開業届や確定申告書の控えなどが必要となるそうです

 

ちなみに私の行っている在宅ワークについては、「【月に7,8万の収入】クラウドワークスで主婦の私がしている在宅ワーク」の記事で紹介しています。

クラウドワークス収入
私は2015年からクラウドワークスというクラウドソーシングサービスを利用して在宅で仕事をしています。 登録してすぐ5日目にして、奇跡的なの...

 

 

4.預かり保育の無償化の流れ

預かり保育の無償化についての流れとして私の地域の自治体からは、

  1. 保護者は保育の必要性等の認定のため、幼稚園を通じて申請書、勤務証明書などを提出
  2. 幼稚園が申請書を各区役所に提出し、各区役所が認定
  3. 認定された児童が無償化の対象となる
  4. 幼稚園にて預かり保育料の精算。
    保護者は幼稚園を通じて3ヶ月毎に給付の申請書、領収書のコピー(3ヶ月分)を提出
  5. 市役所が給付事務をし、幼稚園を通じて保護者に無償化分を給付
    (給付については年4回を予定)

という説明書類をもらいました。

月の保育料と違い、預かり保育は一旦預かり保育料を支払う必要があります。

後日、3ヶ月分がまとまって給付されるようです。

ほっぺ

ほっぺ
3ヶ月ごとに給付の申請書などを提出するのかな。そうなるとちょっと面倒に感じます...

 

「預かり保育」の無償化の対象となるには大前提としてですが、月の保育料が無償化となる「認定申請書」の提出が必要となります。

ほっぺ

ほっぺ
この認定書については幼稚園よりすでに配布され、提出しました!

 

上記は私の地域の自治体からの資料をまとめたものです。

自治体によって少しずつ異なってくる部分もあるかと思いますので、各自治体に確認してみてくださいね。



5.給食費やバス代、行事にかかる金額は無償化対象外

保育料や預かり保育は無償化となりますが、給食費やバス代、遠足などの行事にかかる金額については対象外となります。

全てが無料になるというわけではありませんので、注意が必要です。

ほっぺ

ほっぺ
父母会費ももちろん対象外です!

 

 

今回の幼児教育・保育無償化は、正直助かります。

しかし待機児童問題が解消されるわけではなく、むしろ入りたい人がもっと増えてさらに問題が悪化するのではないのかなと不安を感じています。

保育施設・保育士さんを増やす、保育士さんの待遇をよくする、児童手当を増やす方に先に税金を使った方がいいのではないのかな。

 

保育無償化の実施まで、各自治体の動きもとても気になります。

ほっぺ

ほっぺ
自分の地域の情報にはアンテナを貼ってこまめにチェックしていようと思います!

 



スポンサーリンク

関連記事

ハンドメイド販売デメリット

ハンドメイド作品を販売する前に知っておきたいデメリット

データ入力種類

【データ入力の在宅ワーク】仕事内容ってどんなものがある?

データ入力在宅ワーク

【データ入力の在宅ワーク】主婦の私が実際に利用した求人サイト4選

@SOHO

【@SOHOで在宅ワーク】経験者のおすすめポイント&デメリット

ママワークス

【ママワークスで在宅ワーク】忙しい主婦も嬉しいワンクリック応募

小1の壁が来る!在宅ワークは学童保育に入れる?料金は?